わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

テレンス・クロフォード対レイムンド・ベルトラン(2014年12月15放送)

▼最新記事

◆その前に前座のIBF世界フェザー級タイトルマッチ

その前に前座のIBF世界フェザー級タイトルマッチに少し触れておきます。

 

イブゲニー・グラドビッチ(ロシア)に7位のジェイソン・ペレスが挑戦した試合。

 

両者とも無敗で特に挑戦者のペレスは22勝中16KOのパンチ力に期待して見ていましたが、期待外れもいいとこで、ジャブは数は多いが的確性に欠けるし、ボディーブロー以外にこれといってみるべきものなし


チャンピオンも手数多く隙のないボクシングをするが、決め手に欠けるので、微妙なラウンドが多くなり、結局引き分け。まあ、チャンピオンには少し気の毒な採点だったと思います。
今のフェザー級ならこのチャンピオンが狙い目ですね。ジャブで勝てます。

 

◆メインのクロフォードの試合

さてメインのクロフォードの試合ですが、これも期待外れでした。
ガンボアを倒したときは、「強い!年間最高試合候補ちゃうか!」と思いましたが、今回はただの平凡なテクニシャンでしたね。


むしろパワーはベルトランの方がありました。チャンピオンは挑戦者のパンチ力にもかなり警戒して、完全にアウトボクシングに徹し、盛り上がり欠ける地味な試合でした。
調子が悪いのか、こぶしでも痛めていたのか、とにかく消極的で、ガンボアの時とは別人のようにつまらないボクサーに成り下がっていました。残念です。


しかも、チャンピオンはスイッチしてサウスポーで戦う時間が多く、ベルトランはやりにくそうで、手数も少なく、かみ合わない感じで、これが余計に試合をつまらなくしていました。まともに打ち合ったら、ベルトランにも大いにチャンスがあったかもしれません。

 

確かに負けないボクシングはしますが、KOファンには退屈だし、パンチのほとんどが長いリーチを生かした安全なジャブが中心で、プレッシャーをかけても、カウンターを警戒しすぎて、ほとんど手が出ていない場面が多かったと思います。

そうそう、前の週に49歳のホプキンスの試合が放送されましたね。


これはもうホプキンスの完敗でした。あれほど一方的に打たれるホプキンスを初めて見た気がします。さすがにもう引退ですね。お疲れ様でした。