わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

WOWOWエキサイトマッチ観戦記・その1

▼最新記事

◆IBF世界Sバンタム級タイトルマッチ(10月13日放送)

長谷川穂積さんが挑戦してKO負けした、キコ・マルチネスの防衛戦です。
相手は以前に一度負けている強豪、カール・フランプトン(英国)。
試合は最初から挑戦者フランプトンのペースで進み、5回にはダウンを奪い、一方的な展開になりました。あのマルチネスがなすすべなく、KO負けを免れるのがやっとで、大差の判定でタイトルを失いました。
フランプトンは強いですね。パンチがあります。WBCチャンピオンのレオ・サンタクルスより強いと思います。

 

◆WBA世界ミドル級タイトルマッチ(9月29日放送)

 

2位のジャロット・フレッチャーと3位のダニエル・ジャイコブスの王座決定戦。
ジェイコブズは骨肉種で1年7か月のブランクから復帰した経歴の持ち主で、そういう意味でも注目の一戦でした。
ところが試合はもう一方的。初回からジャイコブスがダウンを奪い、あわやKOかというところまで攻め込みます。2回以降もパワフルな攻撃力は衰えることなく、フレッチャーは、まったくいいところなく、5回にKO負け。
ジェイコブズはスイッチボクサーで、右は少しオープン気味。パンチを打つ時にちょっと力みすぎで、長期戦になるとスタミナを消耗する展開になりそうな気がします。

 

◆IBF世界Sライト級タイトルマッチ(9月29日放送)

 

レイモンド・ピーターソンが13位のエドガル・サンタナの挑戦を受けました。
これも力の差が歴然で、サンタナのパンチが全く当たらず、ピーターソンのボディブローが再三クリーンヒットし、6回か7回にはもうギブアップするのでは、と思ったほどでした。そして滅多打ちで10回にようやくストップ。
このチャンピオンにパンチを当てるのは難しいですね。リーチも長いし、ボディブローを打ってきたときに相打ち狙いで当てるしかないかな~
まあ、ちょっとオープン気味でパンチ力もなさそうなので、相打ちならなんとかなるか。
とにかく見ていてつまらないボクサーだということは間違いないです。

 

◆WBCシルバーSライト級タイトルマッチ(10月6日放送)

 

ルーカス・マティセが登場。試合は、ロベルト・オルディスの持つシルバータイトルに挑戦するというものでした。
このオルディス、32戦31勝(24KO)1分けの素晴らしい戦績で、WBCの5位にランクしています。
ところが、もうマティセの前ではこの戦績も何の役にも立たず、2回にマティセの左ボディフック一発で悶絶。マティセのパンチ力は破格ですね。
IBFチャンピオンのピーターソンは以前、このマティセにぼこぼこにされてKO負けしています。この試合はスカッとしましたね。