わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

浪速のジョー辰吉丈一郎(後編)、見事復活したが網膜剥離のあとパンチドランカー症状に?

▼最新記事

※本編は後編ですので、よければこちらから浪速ジョー辰吉丈一郎・前編へ

◆不本意な対戦

ビクトル・ラバナレスなんて、しょーもない選手です。本来なら辰吉さんの相手には力不足、1ラウンドKO勝ちでも不思議はないぐらいのボクサーです。


こんなんに負けること自体がもう全盛期ではない、という証明でしょう。
薬師寺保栄さんとの王座統一戦も、辰吉さんがせめて本調子なら楽勝だったはずです。でも、1ラウンドに左手を骨折してましたから、勝てるわけがありません。ぶざまな最低の試合だったと思います。


このあと、ダニエル・サラゴサに連敗した頃はもう、無残で見ていられませんでした。サラゴサもさえない選手だったと思いますけどね。実は、このときだけ今のスーパーバンタムに階級を上げて挑戦しました。

 

◆まさかの王座返り咲き

バンタム級に戻り、シリモンコン・ナコントンパークビューに挑戦したときは、さすがにもう誰も勝つとは思っていなかったじゃないでしょうか。シリモンコンは一級品でしたかね。
今も現役の世界ランカーです
ここで、まさかの逆転の左ボディーブロー、彼の最高のパンチが炸裂し、まさかまさかの王座返り咲きですわ。もう感動しましたね~。

 


元来、辰吉さんはボクサーになるために生まれてきたような天才ですが、欠点が一つだけありました。打たれ弱いのです。これも、本来なら、間一髪でかわすことができたら、そんなに露呈することはなかったはずなんです。それができなくなってはもう、脆さだけが全面に出てきてしまいます。

(網膜剥離の影響でしょうね)


しかもそんな調子で、全盛期のウィラポンに当たってしまったら、これはもうしょうがないですね。(1998年4月)完全な力負けです。
ウィラポン・ナコンルアンプロモーションは、長谷川穂積さんが敵を討つ(2006年3月)まで、14度も防衛し長期政権を築きました。

 (西岡さんも倒せませんでしたが、長谷川が敵討ちをしてくれました)

 

 

目頭が熱くなってしまいます

先日、辰吉の現役最後の試合をYouTubeで見ましたが、辛かったですね。


タイで行われた試合です。もう1ラウンドから酔っ払い運転でした。まさにパンチドランカー状態です。もう初回から、ラウンド終了後はふらふらで、自分のコーナーがわからないんです。日本なら3ラウンド以内にストップされていたでしょうね。実際には酔っ払いボクシングはなんと、7ラウンドまで続きました。もちろんTKO負けです。

 


リングを降りて控え室へ戻る途中で、日本から応援にきた数名のファンが

 

「辰吉~!いつまでも応援してるからな!」

 

と声をかけるシーンは、目頭が熱くなってしましました。

お願い!もう試合しないでください。

 

浪速のジョー続編  ↓

 

boxing.hatenablog.jp

 

 ____________________

ちなみにダウンタウンと仲良しです。