わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

世界のトップボクサー中量級編:ワシール・ロマチェンコ

▼最新記事

◆ロマチェンコ

 

どこから中量級というかは難しいですが、あくまでも日本人的な感覚で、フェザー級から中量級にしました。フェザーは「羽」ですから、軽量級でしょうし、ライトも「軽い」ですから、これも軽量級ですけど、まあ日本のボクシング界の感覚では中量級ですね。

さて、フェザー級ですが、ジョニゴンとドネアの二人については、すでに軽量級編で紹介済みですので、ここでは省略します。

こちらがジョニゴンの記事

こちらがドネアの記事

 

二人とも軽量級時代が全盛期でしたからね。

 

もう一人の世界チャンピオンがWBO王者のワシール・ロマチェンコです。

 

 


デビュー戦で世界ランカーをボディブロー一発で倒した試合は圧巻でしたね。最強のアマチュアと言われて(396勝1敗)、プロに転向しましたが、まさかここまで強いとは思いませんでした。


そして、第2戦目で早くも世界挑戦。ベテランのオルランド・サリドが相手でしたが、私は楽勝すると思ってました。残念ながら、サリドの老獪なテクニックに翻弄され、全く力を発揮できず判定負け。消耗戦でスタミナ不足を露呈した感じがしましたが、第3戦目でみごと王座を獲得しました。


ボクシングセンスは抜群ですね。パンチのスピードはもちろん、体のさばきの速さは私が今まで見たボクサーの中では一番ですね。
リゴンドーの刺客一番手だと思います。


ボクシング ワシル・ロマチェンコ ハイライト集 (WSB) - YouTube



◆ニコラス・ウォータース

 

10月にドネアと対戦する予定ですが、「ドネア危うし!」と言われています。これは、KOされるかもしれない、という危うさです。
24戦全勝20KO。この人のパンチは危険です。ドネアが2回目の対戦で苦労して倒したビック・ダルチニアンを豪快にKOしています。

 

◆マイキー・ガルシア

 

スーパーフェザー級では、ガルシアが群を抜いています。
全体的にまとまった隙のない強打者で、私はこの選手が負ける姿を想像できません。早い回から相手を見切って、確実に勝利する、実に冷静に着実に理詰めで勝利に向かいます。
内山チャンピオンの最強のライバルですね。でも、さすがの内山もガルシアにはかなわないでしょう。同じようなタイプですが、すべてにおいてガルシアが一枚上手。まともに戦ったら絶対むりです。むしろ意外性のある、三浦チャンピオンの方がチャンスはあるかもしれませんね。

 

◆テレンス・クロフォード

 

ライト級にも怪物登場。

いや~ユリオキス・ガンボアがKO負けするとは、夢にも思いませんでしたよ。
ガンボアもいい試合をしましたが、クロフォードの破壊力は怪物級。キューバ最強のガンボアがついにマットに沈んでしまいました。何度も見ても飽きない、凄い試合でしたね。

 

ホルヘ・リナレスも粟生も挑戦するなら、少なくともWBOとWBCはやめておいた方がいいですよ。

 

WBOはクロフォードですが、WBCのチャンピオンも強豪です。

 

オマール・フィゲロア。

荒川仁人と対戦したときに初めて見ましたが、もう荒川はなすすべなしの完敗でした。これが世界戦?と思いたくなるほど力の差がありました。


先日、ダニエル・エストラーダとの防衛戦をWOWOWで見ましたが、自在にスイッチし体は柔らかい。一方的に攻撃し、KO勝ちしました。
クロフォードほどの破壊力はないですが、リナレスも粟生も全体にかないません。止めといた方が良いですね。

 

日本選手も大変です。

 

一生懸命、弱いチャンピオンを探さないといけませんから。


4団体あるんですから、一人ぐらいはいてるでしょう。


そこで次回は、狙い目チャンピオン特集、「このチャンピオンなら日本選手でも勝てるかもしれない」をやります。