わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

井岡一翔と宮崎亮の再起戦(2014年9月17日)

▼最新記事


井岡一翔が判定勝ち ボクシング・ノンタイトル10回戦:朝日新聞デジタル

 

◆まず宮崎から

 

相手は元インドネシア国内チャンピオンですか~。昔はよく、フィリピンの選手をかませ犬によく呼んでいましたね。

 

でも、よくは知らないんですが、不法滞在するフィリピンの選手が続出したらしく、ある程度名のある選手以外は、来日をさせないようになりまして、最近はもっぱらタイの国内ランカーとかノーランカーとか、インドネシアの国内ランカーが噛ませ犬に呼ばれています。


この人達、観光がてらボクシングにきているみたいで、ほとんどの選手があっさり日本のボクサーに負けて、「一仕事終わった~」みたいに、さっぱりした顔してリングから降りていく感じがします。


だから、宮崎も楽勝だと思っていました

 

実際その通りになりましたね。

 

まあ、宮崎の動きも良かったですけど、50キロ契約ですか、ライトフライ級だとあと約1キロ落とさないといけません。この1キロ落とすのが大変でしょう。


◆井岡のパンチが通用しない


こちらの相手は、世界フライ級14位のパブロ・カリージョというコロンビアの選手。

 

井岡が万全ならKO間違いなし!

 

まだ強かった頃の井岡のイメージが残っていて、一発でマットに沈めた切れのいいパンチが頭から離れなくて、もう当たり前のようにKOを期待してしましました。

 


前回負けた相手はリーチが長く、それに手こずった感がありましたが、今回は逆。的が小さくて当てにくい、パンチも切れがありそうでスピードもあり、現に結構被弾していて、解説の内藤さんも「危ない!」なんて素人みたいな悲鳴をあげていました。

 


井岡は左ジャブ中心で型どおりの攻め、そして再三ヒットした左ボディは結構強烈な感じ。ダメージもあったように思いましたが、コロンビア人はしぶとかったですね。何度もマウスピースをはき出して苦しそうにしながらも、気持ちが全然切れない。特に右ボディはかなり手応えがあったはずですが、予想以上に手強い相手でした。

 


打たせないで打つ、を意識しすぎなのか、相変わらず手数が少ない。相手の顔面にかなりクリーンヒットしていましたが、「がくっと膝が折れる」ような効果があたえられませんでした。

 

どうやらフライ級の井岡のパンチでは、以前のように一発で倒すことは無理のようです。

 

だったら連打が必要です。にも関わらず、コンビネーションブローが全く出ませんでしたね。

 

◆文句なしの判定勝ちだけど

 

全体的には試合をコントロールしていたし、相手の実力も勘案したら上出来かもしれないけど、

 

どうも納得できない内容でしたね。

 

なんかぎこちないし、柔軟さに欠けるんですよ。かと言って以前ほどパワフルでもなく、何よりもパンチが通用しないのが大きいですね。ディフェンスも時々甘くなるので、結構危ないパンチをもらってました。


それと、計量を終えたあとの井岡の顔は、かなり厳しい減量を伺わせました。フライ級に上げたのに、これは少し驚きました。

 


これで世界は? 難しいですね~、はっきり言って。