わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

世界の一流ボクサーたち:フロイド・メイウェザー

▼最新記事

◆プロスポーツの頂点はメイウェザー

 

年収100億円!プロスポーツの頂点に立っているのは、フロイド・メイウェザーです。

 

プロボクサーのトップクラスの年収は半端ないです。

 

日本とは雲泥の差があります。日本のプロボクサーは、ほとんどの人がそれだけでは食っていけません。


おっと、またお金の話をするとこでした。

 


メイウェザーのすごさはもちろん年収だけではありません。その天性のスピード、テクニックは他の追随を許しません


極端な表現をすれば、パンチより速く顔を動かせるから、打ってくるパンチが見えてからでも、目を開けている限り、絶対にパンチを避けることができるわけです。
私は、たぶん彼が世界スーパーフェザー級のタイトルをとってから以降、全試合見ていますが、パンチをもらったのは、シェーン・モズリーにもらった一発だけだと思います。あれは効きましたね。

がくんと膝が折れましたからねぇ~。


この人、もっと倒しに行ってくれたら最高でなんですけど、ラッシュみたいなことは絶対にしません。

 


9月14日のエキサイトマッチをごらんになりましたか。

 

フロイド・メイウェザーVSマルコス・マイダナ、ダイレクトリマッチ。ダイレクトリマッチとは、間に一試合も挟まずに直接再戦することです。


まあ、前回の試合が微妙な判定で、メイウェザーも納得がいってなかったのでしょう。
大方の予想が、メイウェザーの明白な判定勝ち、そしてその通りになりました。
例によってスリリングなシーンは全くなく、淡々とした流れで、メイウェザーの華麗なディフェンスを堪能するだけに終わりました。

このメイウェザーに勝てるとしたら、村田諒太が目指す偉大なる倒し屋、ゲンナジー・ゴロフキンしかいないでしょう。

 

だた、ナチュラルでウェルター級のメイウェザーに対して、ゴロフキンは根っからのミドル級。しかもメイウェザーはスーパーフェザーから階級を上げてきてますからね。これはちょっときついですね。
マニー・パッキャオの名前が挙がっていましたが、パッキャオはもうはるか昔にピークを過ぎています。


凡戦間違いなし!

無敗のIBFチャンピオンのショーン・ポーターもあっさりケル・ブルックに負けてしましました。

 

ポーターがポール・マリナッジを圧倒してKOしたときは、「これはひょっとしたらメイウェザーを倒せるかもしれない」と期待したハードヒッターでしたが、ホントにがっかりです。

ただ単にマリナッジの力が落ちていただけでしょう。

誰がメイウェザーに引導を渡すのでしょうか。


意外な伏兵にあっさり負けたりして‥。それはやっぱりないか。無理して体重上げて、ゴロフキンとやったらおそらく負けるでしょうけどね。これもないでしょう。