わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

海外ボクシング事情・・・ボクシングトトカルチョ

▼最新記事

マイク・タイソン vs スピンクス 海外輸入 ボクシング パンフ

今度はどうしたらボクシング人気が上がるかを、私なりに勝手に考えました。

まず参考にするのが、ボクシングの本場、アメリカです。
アメリカではボクシングは賭の対象になっています。
だから人気があるのだと思いますよ。

 

WOWOWエキサイトマッチを毎週見てますから、海外の試合も熟知していますが、たるい試合もたくさんありますよ。でも、ファイトマネーはびっくりするほど高額です。

 

マニー・パッキャオのそれは数十億とも言われています。


その原資は、まず興行収入ですね。観客の入場料、テレビ放映権、それからペイパービューの視聴料。アメリカは広いですからむしろこのペイパービューの収入の方が多いかもしれません。


ペイパービューというのは、PPVと言って、見たい番組を番組単位で購入し後で料金を払う視聴方法です。こういう方式は日本のボクシングにはありません。
でも、私が一番収入の多いと思っているのは、賭け金の胴元の寺銭です、日本競馬会なんかこれでめちゃくちゃ儲かってますよね。

アメリカでは試合の前に、賭け率が公表されます。競馬と一緒で、最新情報が逐一発表されるようです。
たとえば、まもなく行われる、フロイド・メイウェザーとマルコス・マイダナの試合なんかは、すごい賭け金が動くと思います。


再戦は9月!フロイド・メイウェザー対マルコス・マイダナのリマッチが正式決定 - ボクシングファン.net

 

たとえばそれが、6対1だとすると、フロイド・メイウエザーに600円賭けて勝ったら700円になって戻ってきます。まあこんな少ない金額ではありませんが

 

で、「いやー、今度はマルコスにもチャンスがある」と思ったら、マルコスに賭ける人が増えて、5対1になったりする、どんどんエスカレートしていきます。

 

ビッグな試合になればなるほど、賭け金は跳ね上がりますよね。まさに競馬と一緒です。

この収入がアメリカのボクシングを支えているのだと思います。高額なファイトマネーの払えるわけです。

日本のボクシング界は、観客の入場料とテレビ放映権だけだと思います。PPVは狭い日本ではあまりなじまないでしょう。
となると、もう、「賭け」しかありません。

日本ボクシングコミッションが主催者になって、ボクシングトトカルチョをやりましょう!

 

サッカーだってやってるんだから。


ファイトマネーが跳ね上がりますよ。