わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

スーパーマン、弱いものいじめで8度目の防衛 アドニス・スティーブンソンVSアンドレ・フォンフォラ

アドニス・スティーブンソン(カナダ)VSアンドレ・フォンフォラ(ポーランド) WBC世界L・ヘビー級タイトルマッチ(2017年6月3日) (出典:WOWOW) アンドレ・ウォードVSセルゲイ・コバレフのビッグマッチの一方で、このL・ヘビー級のチャンピオンは…

速報)田口良一VSロベルト・バレラ WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ 田口のボディブローでレフリーストップ!TKO勝ち。

田口良一(ワタナベ)VSロベルト・バレラ(コロンビア) WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年7月23日) (出典:テレビ東京) 田口はこれがもう6度目の防衛戦となります。 私のイメージとしては、強い!と思わせる試合はほとんどなかったと…

速報)ホセ・アルグメドVS京口紘人 IBF世界ミニマム級タイトルマッチ 京口がダウンを奪い判定でタイトル獲得

ホセ・アルグメド(メキシコ)VS京口紘人(ワタナベ) IBF世界ミニマム級タイトルマッチ(2017年7月23日) (出典:テレビ東京) アルグメドは、高山勝成から負傷判定でタイトルを奪い、これが4度目の防衛戦となります。 24戦20勝12KO3敗1分…

末吉大、左ボディ一発でフィリピンランカーを沈める VSネルソン・ティナンパイ &梶颯の剛腕パンチさく裂

末吉大(帝拳)VSネルソン・ティナンパイ(フィリピン) S・フェザー級10回戦(2017年7月18日) (出典:日テレG+) 末吉は15戦14勝9KO1敗、26歳。 日本S・フェザー級2位、WBO世界フェザー級12位にもランクされています。 唯一の1敗は…

ジョー・スミスVSサリバン・バレラ WBCインターナショナルL・ヘビー級タイトルマッチ なんと試合途中で12回戦から10回戦に変更

ジョー・スミス(アメリカ)VSサリバン・バレラ(キューバ) WBCインターナショナルライトヘビー級タイトルマッチ(2017年7月16日) (出典:WOWOW) スミスはあのバーナード・ホプキンスをリング外にたたき出し、引導を渡した男です。 24戦23勝1…

速報)ミゲール・ベルチェルトVS三浦隆司 WBC世界S・フェザー級タイトルマッチ 初回ダウンを喫する苦しい立ち上がり。後半ボディを攻めるが大差判定負け。

ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)VS三浦隆司(帝拳) .mce-content-body div.mce-resizehandle {position: absolute;border: 1px solid black;box-sizing: box-sizing;background: #FFF;width: 7px;height: 7px;z-index: 10000}.mce-content-body .mce-re…

速報)ジェスリル・コラレスVSロビンソン・カステジャノス WBAスーパー世界S・フェザー級タイトルマッチ なんとコラレスが2度ダウンして大苦戦の末負傷判定勝ち

ジェスリル・コラレス(パナマ)VSロビンソン・カステジャノス(メキシコ) WBAスーパー世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年7月15日) (出典:WOWOW) メインの三浦の試合のアンダーカードです。 やはり、11時からは先に、ジョージ・スミス・…

やっと決まりましたね。小國以載VS岩佐亮佑の結果予想 9月13日が待ち遠しい!

小國以載(角海老宝石)VS岩佐亮佑(セレス) IBF世界S・バンタム級タイトルマッチ(9月13日) (小國のボディブロー) (岩佐の左ストレート) 小國は圧倒的に不利な予想を覆し、見事タイトルを奪取し、ボクシングファンをあっと言わせました。キャラク…

ちょっと気になる7月の海外ファイト ジェスリル・コラレス&アルツール・ベテルビエフ&マイキー・ガルシア

ジェスリル・コラレス(パナマ)VSロビンソン・カステジャノス(メキシコ) WBAスーパー世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年7月15日) (出典:テレビ東京、WOWOW) もちろん、一番気になるのはこの日のメインに登場するミゲル・ベルチェルトVS三…

5度目の防衛戦は、2RTKO。世界への弾みをつけた日本王者 尾川堅一 VS山元浩嗣

尾川堅一(帝拳)VS山元浩嗣(ワタナベ) 日本S・フェザー級タイトルマッチ(2017年7月1日) (出典:日テレG+) 尾川は22戦21勝18KO1敗、29歳。 これが日本タイトル5度目の防衛戦となります。 そろそろ世界を狙ってもいいのではないでしょう…

速報)マニー・パッキャオVSジェフ・ホーン WBO世界ウェルター級タイトルマッチ なんと無名のホーンが判定勝ちでタイトル奪取

マニー・パッキャオ(フィリピン)ジェフ・ホーン(オーストラリア) WBO世界ウェルター級タイトルマッチ(2017年7月2日) (出典:WOWOW) パッキャオはいつまで現役生活を続けるのでしょうか。今や全盛期のパッキャオとは別人のように、全くスリルも魅力も…

速報)ジェルウィン・アンカハスVS帝里木下 IBF世界S・フライ級タイトルマッチ アンカハスが一方的に攻めて7RTKO勝ち。

ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)VS帝里木下(千里馬神戸) IBF世界S・フライ級タイトルマッチ(2017年7月2日) (出典:WOWOW) アンカハスは28戦26勝17KO1敗1分け。2度目の防衛戦です。25歳のサウスポー。 木下は27戦25勝8KO1敗…

圧巻の強さ!テレンス・クロフォードの自在なボクシングに北京五輪金メダリストがギブアップ。 VSフェリックス・ディアス

テレンス・クロフォード(アメリカ)VSフェリックス・ディアス(ドミニカ共和国) WBC・WBO世界S・ライト級タイトルマッチ(2017年5月20日) (出典:WOWOW) クロフォードはPFPに名を連ねる強豪です。 30戦全勝21KO、29歳。 浜田剛史さんいわく…

エキサイトマッチが選ぶ?未来のスター候補。リオ五輪出場組3選手のプロ第2戦。ジョー・コルディナ&ジョッシュ・ケリー&シャクール・スティーブンソン

ジョー・コルディナ(イギリス)VSセルゲイ・ビブ(ドイツ) ライト級4回戦(2017年5月20日) (出典:WOWOW) コルディナはリオ五輪でライト級に出場し、ベスト16の成績を残しています。 2人がリング上で対峙すると、コルディナが2階級ぐらい上…

メイウェザーの秘蔵っ子デービスが全勝のイギリス人に圧勝! ジャーボンテイ・デービスVSリアム・ウォルシュ

ジャーボンテイ・デービス(アメリカ)VSリアム・ウォルシュ(イギリス) IBF世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年5月20日) (出典:WOWOW) デービスはフロイド・メイウェザーの秘蔵っ子中の秘蔵っ子です。 17戦全勝16kO、まだ22歳のホー…

井上尚弥のアメリカデビュー戦が決まりましたね VSアントニオ・ニエベス戦結果予想(9月9日)

井上尚弥(大橋)VSアントニオ・ニエベス(アメリカ) WBO世界S・フライ級タイトルマッチ(2017年9月9日) ついに井上尚弥のアメリカデビューが正式決定しましたね。 9月9日に、シーサケット・ルンビサイVSローマン・ゴンザレスのセミファイナルとし…

ライトヘビー級に新たな新星 ドミトリー・ビボルVSセドリック・アグニュー

ドミトリー・ビボル(ロシア)VSセドリック・アグニュー(アメリカ) ライトヘビー級10回戦(2017年6月18日) (出典:WOWOW) この日の(ウォードVSコバレフ)アンダーカードにもう一つアメリカVSロシア対決が組まれていました。 (この日のアメリ…

やっぱりボクシングはすっきりKO決着が一番ですね ルイス・アリアスVSアリフ・マゴメドフ

ルイス・アリアス(アメリカ)VSアリフ・マゴメドフ(ロシア) USBA全米ミドル級タイトルマッチ(2017年6月18日) (出典:WOWOW) メインの「アメリカVSロシア」対決のアンダーカードでも、「アメリカVSロシア」対決がありました。 チャンピオンのア…

KO宣言!の田中恒成の猛攻にも、最後まで挑戦者の心は折れず VSアンヘル・アコスタ

田中恒成(畑中)VSアンヘル・アコスタ(プエルトリコ) WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年5月20日) (出典:TBSチャンネル) 田中恒成は8戦全勝5KO、21歳。これが初防衛戦です。 アンヘル・アコスタは、なんと16戦全勝16KOのパ…

拳四朗 予想以上にサウスポーにてこずり、僅差でタイトル奪取 VSガニガン・ロペス

ガニガン・ロペス(メキシコ)VS拳四朗(BMB) WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年5月20日) (出典:BSフジ) ロペスは39戦33勝18KO6敗、35歳のサウスポーです。 木村悠さんから奪ったタイトルの2度目の防衛戦です。 拳四朗は9…

速報)2試合とも後味の悪いKO決着。アンドレ・ウォードVSセルゲイ・コバレフ&ギジェルモ・リゴンドー防衛戦VSモイセス・フローレス 

アンドレ・ウォード(アメリカ)VSセルゲイ・コバレフ(ロシア) WBAスーパー・IBF・WBO世界タイトルマッチ (出典:WOWOW) ウォードVSコバレフのダイレクトリマッチです。 ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)VSモイセス・フローレス(メキシコ) WBAスーパ…

田口良一VSロベルト・バレラ(6度目の防衛戦)&京口紘人が世界初挑戦VSホセ・アルグメド W世界戦(7月23日)

田口良一(ワタナベ)VSロベルト・バレラ(コロンビア) WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年7月23日) 7月23日ですか~ホントに個人的な話で恐縮ですが、この日は予定があって帰りが遅くなります。9時からの放送なら間に合うのですけど…

最大の武器は第三のパンチ!なかなか頑固な石頭ですヨ ショーン・ポーターVSアンドレ・ベルト

ショーン・ポーター(アメリカ)VSアンドレ・ベルト(アメリカ) ウェルター級12回戦(2017年4月22日) (出典:WOWOW) ポーターはキース・サーマンに敗れたものの、その好戦的なファイトスタイルで、依然高い人気を誇っています。 29戦26勝1…

パワーアップしたチャーロ弟、右フック一発で挑戦者が失神 ジャーメル・チャーロVSチャールズ・ハトリ―

ジャーメル・チャーロ(アメリカ)VSチャールズ・ハトリ―(アメリカ) WBC世界Sウェルター級タイトルマッチ(2017年4月22日) (出典:WOWOW) ジャーメル・チャーロは、ミドル級に転向したジャーマル・チャーロの双子の弟です。 28戦全勝13KO、2…

現役日本人最強ボクサーは誰だ!(2017年6月) 今回は様々な角度から検証してみました

ダントツ最強は井上尚弥 これにはどなたも異存がないと思います。 私は50年間ボクシングを見てきましたが、こんな強い日本人ボクサーを見たのは初めてです。 具志堅用高さんも強かったと思いますが、まだ当時の創設間もないJフライ級と、今のSフライ級とで…

最近読んだ面白い本その6 過去2年間に読んだ中から10冊を厳選?しました。 長岡弘樹、乾くるみ、樋口有介、東野圭吾、松岡圭祐、池井戸潤、小林泰三、北川恵海、今野敏、佐々木譲

以前に、読書について書いたのが2015年です。 この2年ほどはボクシング以外の記事をほとんど書いたことがありませんので、久しぶりに「面白かった本」ご紹介したいと思います。 だまされたと思って、一度読んでみてください。 ただ、だまされた方の苦情…

なんとも不思議なアフリカンボクサーが王座統一 ジュリウス・インドンゴVSリッキー・バーンズ

リッキー・バーンズ(イギリス)VSジュリアス・インドンゴ(ナミビア) WBA・IBF世界Sライト級王座統一戦(2017年4月15日) (出典:WOWOW) リッキー・バーンズは、47戦41勝14KO5敗1分け、34歳。3階級制覇の歴戦の雄です。 www.boxing-blo…

左フック一発でイギリスの全勝ホープを粉砕 アフタンディル・クルツィゼVSトミー・ラングフォード

アフタンディル・クルツィゼ(ジョージア)VSトミー・ラングフォード(イギリス) WBO世界ミドル級暫定王座決定戦(2017年4月22日) (出典:WOWOW) クルツィゼは36戦32勝21KO2敗2分け、37歳。167㎝とミドル級としては非常に背が低いの…

それほど速報でもないですが、5月の注目の試合結果 エロール・スペンスがケル・ブルックにKO勝ち!

ケル・ブルック(イギリス)VSエロール・スペンス(アメリカ) IBF世界ウェルター級タイトルマッチ(2017年5月27日) (出典:WOWOW) この試合は、「わしボク」としては、今年の海外ファイトの中でも5本の指に入る、屈指の好カードだと思っています…

最新情報世界戦3試合 村田諒太&山中慎介&亀海喜寛

世界中が注目?村田諒太の次戦 本田会長は、アッサン・エンダムとの再戦は「2人のジャッジの処分が条件」と、WBA会長のダイレクトリマッチの提案に否定的です。 WBCとWBOからもオファーが来ているようですし、まだまだ選択肢が多く、そう簡単には決まりそう…

大激戦の終盤のピンチに、起死回生のカウンターでダウンを奪い激闘を制する。オスカル・バルデス VSミゲール・マリアガ

オスカル・バルガス(メキシコ)VSミゲール・マリアガ(コロンビア) WBO世界フェザー級タイトルマッチ(2017年4月22日) (出典:WOWOW) バルデスは日本人ファンにもおなじみのチャンピオンですね。 昨年11月にパッキャオのアンダーカードで、大沢…

ジャッジ3人が揃って120-106の大差判定。またかよ、ヒルベルト・ラミレス! VSマックス・ブルサック

ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)VSマックス・ブルサック(ウクライナ) WBO世界Sミドル級タイトルマッチ(2017年4月22日) (出典:WOWOW) ラミレスは34戦全勝24KO、25歳のサウスポー。 アルツール・アブラハムをフルマークの判定で破り、タ…

ノニト・ドネアから奪ったタイトルを2RKOの圧勝で防衛 ジェシー・マグダレノVSアデイルソン・ドス・サントス

ジェシー・マグダレノ(アメリカ)VSアデイルソン・ドス・サントス(ブラジル) WBO世界Sバンタム級タイトルマッチ(2017年4月22日) (出典:WOWOW) ノニト・ドネア戦では持ち前の強打ではなく、スピードとテクニックを見せ付けたマグダレノでしたが…

速報)八重樫東が3度目の防衛戦 かなり厳しい戦いになりそうでしたが…なんと1RTKO負け 八重樫東VSミラン・メリンド

八重樫東VSミラン・メリンド(フィリピン) IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年5月21日) (出典:フジテレビ) 八重樫はこれが3度目の防衛戦です。 30戦25勝13KO5敗、34歳。 メリンドは暫定チャンピオンです。 37戦35勝12K…

速報)井上の圧勝が見たい!と思ったらあっさり3RKO!もうこのクラスに相手はいないぞ~ 井上尚弥VSリカルド・ロドリゲス

井上尚弥VSリカルド・ロドリゲス(メキシコ) WBO世界Sフライ級タイトルマッチ(2017年5月21日) (出典:フジテレビ) まあ、井上にとってはこの試合、次へのスパーリングみたいなものでしょうね。 12戦全勝10KO、24歳。5度目の防衛戦ですが…

速報)村田諒太、ミドル級世界王者戦結果。ダウンを奪うも判定負け! VS「泥棒!」アッサン・エンダム…手数の差って??

アッサン・泥棒・エンダム(カメルーン)VS村田諒太 WBA世界ミドル級王座決定戦(217年5月20日) (出典:フジテレビ) エンダムは37戦35勝21KO2敗、33歳。 村田は12戦全勝9KO、31歳。 いずれも右構えのオーソドックススタイルです。 は…

結果速報)比嘉大吾VSファン・エルナンデス…体重オーバーした前チャンピオンを圧倒し、比嘉が6RTKO勝ち!

ファン・エルナンデス(メキシコ)VS比嘉大吾 WBC世界フライ級タイトルマッチ(2017年5月20日) (出典:フジテレビ) チャンピオンのエルナンデスは、200gオーバーで、減量失敗。タイトルを剥奪されました。たった200gぐらい落とせよ! しか…

現役世界最強ボクサーは誰だ!(第2回) わしボクが選ぶPFP(パウンド・フォー・パウンド)

まずはリング誌の最新版 5月1日にリング誌が発表したPFPを見てみましょう。 PFP(すべてのボクサーの体重が同じだと仮定したら、果たして誰が一番強いか、てな感じの意味です) (出典:WOWOW)

ワシル・ロマチェンコがまたも「ギブアップ勝ち」ジョー小泉さん曰く「ロマチェンコ勝ち」 VSジェイソン・ソーサ

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)VSジェイソン・ソーサ(アメリカ) WBO世界Sフェザー級タイトルマッチ(2017年4月8日) (出典:WOWOW) わしボクのPFP1位、ワシル・ロマチェンコは8戦7勝5KO1敗、29歳のサウスポーです。ニコラス・ウォータ…

さっさとマイキー・ガルシアにKOされて引退したらええねん!テリー・フラナガン  VSピーター・ぺトロフ

テリー・フラナガン(イギリス)VSピーター・ぺトロフ(ロシア) WBO世界ライト級タイトルマッチ(2017年4月8日) (出典:WOWOW) テリー・フラナガンはまさに典型的なイギリス人ボクサーですね。 がっしりした体幹でそこそこ手数が多いけど、際立った…

やっと帰ってきたか!強い金子大樹がTKO勝ち。次はいよいよ尾川堅一だ VS東上剛司

金子大樹VS東上剛司 59.5キロ契約(ライト級)10回戦 (出典:日テレG+) 金子は2連敗を喫し、日本6位までランクを下げていましたが、4連続KOで1位まで戻ってきました。 33戦25勝17KO5敗3分け、28歳。 東上は36歳。これが最後の試合に…

ルーカス・マティセの強打健在 5RTKO勝ちで再起&デビッド・レミューはしぶとい相手に粘られ判定勝ち

ルーカス・マティセ(アルゼンチン)VSエマヌエル・テイラー(アメリカ) ウェルター級10回戦(2017年5月7日) (出典:WOWOW) WBCのインターナショナルとかWBOのコンチネンタルとかの王座決定戦ということでしたが、ここではウェルター級の10回戦…

速報)WOWOW生中継  サウル・アルバレスが完封で判定勝ち VSフリオ・セサール・チャベスは何もできず

サウル・アルバレス(メキシコ)VSフリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ) スーパーミドル級12回戦(2017年5月7日) (出典:WOWOW) この対戦は、実際には164.5ポンド(73.94キロ)契約ということです。 カネロの直近の対戦は、リアム・ス…

ホルヘ・リナレスの挑戦者は長身のサウスポーでまたもやイギリス人のルーク・キャンベル VSダルレイス・ぺレス

ルーク・キャンベル(イギリス)VSダルレイス・ぺレス(コロンビア) WBA世界ライト級タイトル挑戦者決定戦(2107年4月30日) (出典:WOWOW) ルーク・キャンベルはWBCでは2位ですが、WBAでは8位です。 17戦16勝13KO1敗、28歳。長身のサウ…

どうにも面白味に欠けるイギリス人ボクサーの代表 スコット・クィッグVSビオレル・シミオン

スコット・クィッグ(イギリス)VSビオレル・シミオン(ルーマニア) IBF世界フェザー級タイトル挑戦者決定戦(2017年4月30日) (出典:WOWOW) スコット・クィッグは昨年2月にカール・フランプトンと、WBA・IBF世界スーパーバンタム級王座統一戦を…

速報)アンソニー・ジョシュアが苦しい苦しいTKO勝ち VS大健闘のウラジミール・クリチコ

アンソニー・ジョシュア(イギリス) 11RTKO ウラジミール・クリチコ(ウクライナ) WBA・IBF世界タイトルマッチ(2017年4月30日) (出典:WOWOW) 私には大逆転に見えました。10ラウンドまでは、おそらくほとんどの人がクリチコの勝利を確信して…

4月30日 WOWOW 朝6時から生放送 アンソニー・ジョシュアVSウラジミール・クリチコ

アンソニー・ジョシュア(イギリス)VSウラジミール・クリチコ(ウクライナ) IBF世界ヘビー級タイトルマッチ (出典:WOWOW) WOWOWの生中継は、いつも11時と決まっていましたが、今度はイギリス時間です。何と朝の6時。きついですね。眠気が吹っ飛ぶよう…

長谷川穂積さんが返上した空位のタイトルを獲得したのはレイ・バルガス VSキャビン・マグドネル

レイ・バルガス(メキシコ)VSキャビン・マグドネル(イギリス) IBF世界Sバンタム級王座決定戦(2017年2月25日) (出典:WOWOW) ランキング1位のバルガスは、28戦全勝22KO、26歳。 2位のキャビン・マグドネルは18戦16勝4KO2分け、3…

デビッド・ヘイが番狂わせのTKO負け VSトニー・べリュー

デビッド・ヘイ(イギリス)VSトニー・べリュー(イギリス) ヘビー級12回戦(2017年3月4日) (出典:WOWOW) デビッド・ヘイはWBO1位をはじめ、各団体の世界ランキング上位に顔を題しています。ヘイにとっては、べリュー戦は世界戦へのステップで…

速報)井岡一翔VSノクノイ・シットプラサート WBA世界フライ級タイトルマッチ(2017年4月23日) 倒せず!

井岡一翔VSノクノイ・シットプラサート(タイ) WBA世界フライ級タイトルマッチ(2017年4月23日) (出典:MBS) こちらは両選手とも無事に前日計量をパスしています。 まあ、当たり前のことですけどね。 井岡はこれが5度目の防衛戦で、もっか3連続…