わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ウクライナ式ボクシングが、たたき上げの変則ボクシングに手を焼く オレクサンダー・グボジークVSメディ・アーマー

オレクサンダー・グボジーク(ウクライナ)VSメディ・アーマー(フランス) WBC世界ライトヘビー級暫定王座決定戦(2018年3月17日) (出典:WOWOW) クボジークは14戦全勝12KO、30歳。WBC2位。 アーマーは41戦34勝16KO5敗2分け、35…

田口良一、最終回にダウンを奪うが、判定負けでタイトルを失う&京口紘人、ダウンを挽回し大差判定で2度目の防衛しに成功

田口良一(ワタナベ)VSヘッキー・ブドラー(南アフリカ) WBA・IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ(2018年5月20日) 田口は31戦27勝12KO2敗2分け、31歳。 WBAのタイトルは7度目、IBFは初防衛戦となります。 ブドラーは、34戦31勝…

久我勇作が衝撃の1RKOで防衛成功 VS小坂遼 日本S・バンタム級タイトルマッチ

久我勇作(ワタナベ)VS小坂遼(真正) 日本S・バンタム級タイトルマッチ(2018年3月27日) (出典:TBSチャンネル) 久我は18戦15勝10KO2敗1分け、27歳。 ベテラン石本康隆にTKO勝ちして獲得した、日本タイトルの2度目の防衛戦です。 小…

ドミニカ共和国のホープ、大舞台(リナレスVSロマチェンコのアンダーカード)でベテランの粘りに手を焼く カルロス・アダメスVSアレハンドロ・バレラ 

カルロス・アダメス(ドミニカ共和国)VSアレハンドロ・バレラ(メキシコ) ウェルター級10回戦(2018年5月13日) (出典:WOWOW) アダメスは、13戦全勝11KO、24歳。IBF12位。 直近の試合で、元世界王者のカルロス・モリナに大差判定勝ちし…

田中恒成が三階級制覇前哨戦で無敗の世界ランカーにTKO勝ち VSロニー・バルドナド

田中恒成(畑中)VSロニー・バルドナド(フィリピン) フライ級10回戦(2018年3月31日) (出典:TBSチャンネル) 田中は10戦全勝6KO、22歳。ミニマム級、ライトフライ級の二階級を制覇し、さらに三階級制覇を狙っています。今回はその前哨戦…

速報)WOWOWエキサイトマッチ 注目の光速対決 ホルヘ・リナレスVSワシル・ロマチェンコ 10RKOでロマチェンコが3階級制覇に成功

ホルヘ・リナレス(帝拳・ベネズエラ)VSワシル・ロマチェンコ(ウクライナ) WBA世界ライト級タイトルマッチ(2018年5月13日) (出典:WOWOW) この試合はWOWOWエキサイトマッチで、9時から生中継されます。 リナレスは47戦44勝27KO3敗、3…

WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)がバンタム級でも開催されるようですね。井上尚弥もシード候補!

WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)バンタム級 このシリーズはすでにクルーザー級とS・ミドル級で開催されています。 8人がエントリーして、トーナメント方式で優勝者を決める大会です。 この度、バンタム級でも行うことがほぼ決まったよう…

パンチ力が物足りないホープ、ライアン・マーティン。 アミール・カーンを倒したベテランを倒せず VSフレイディス・プレスコット

ライアン・マーティン(アメリカ)VSフレイディス・プレスコット(コロンビア) S・ライト級8回戦(2018年5月6日) (出典:WOWOW) マーテインは、21戦全勝12KO、25歳。IBFライト級6位。 プレスコットは、43戦31勝22KO12敗、34歳。 …

速報)WOWOWエキサイトマッチ生中継 ゲンナディ・ゴロフキンVSバーネス・マーティロスヤン WBC・WBA世界ミドル級タイトルマッチ 2RKO勝ちで防衛成功

ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)VSバーネス・マーティロスヤン(アルメニア・アメリカ) WBC・WBA世界ミドル級タイトルマッチ(2018年5月6日) (出典:WOWOW) ゴロフキンは38戦37勝33KO1分け、36歳。3団体(WBC・WBAスーパー・IBF…

こんな試合は中止すべきです。オスカル・バルデスは顎を骨折しながら、3キロも重い相手に最後まで戦い4度目の防衛成功 VSスコット・クイッグ

オスカル・バルデス(メキシコ)VSスコット・クイッグ(イギリス) WBO世界フェザー級タイトルマッチ(2018年3月10日) (出典:WOWOW) バルデスは、23戦全勝19KO、27歳。 4度目の防衛戦ですが、過去3度の防衛戦で、KOしたのは大沢宏晋だけ。…

何とも手堅いボクシングで4階級制覇 マイキー・ガルシア   VSセルゲイ・リピネッツ

セルゲイ・リビネッツ(ロシア)VSマイキー・ガルシア(アメリカ) IBF世界S・ライト級タイトルマッチ(2018年3月10日) (出典:WOWOW) リピネッツは13戦全勝10KO、28歳。 昨年11月に近藤明広と王座決定戦を行い、大差の判定で獲得したタイ…

21歳、辰吉寿以輝、まだまだ先は長いですね  VS石橋俊

辰吉寿以輝(大阪帝拳)VS石橋俊(仲里) S・バンタム級8回戦(2018年4月30日) (出典:読売テレビ) 辰吉は7戦全勝5KO、21歳。 父、丈一郎氏は8戦目で世界タイトルを獲得していますが、さすがに天才の父と比較するのは酷でしょうね。 石橋俊…

カネロ・アルバレスとの再戦より代役の方が面白いかもしれません ゲンナディ・ゴロフキン VSバーネス・マーティロスヤン (5月6日10時半~)

ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)VSバーネス・マーティロスヤン(アメリカ) 3団体統一世界ミドル級タイトルマッチ(2018年5月6日) (出典:WOWOW) 対戦予定だったカネロが、ドーピング検査で陽性反応が出たため、試合は中止になり、急きょ代…

究極のスピード対決はどちらに軍配が上がるのでしょうか ホルヘ・リナレスVSワシル・ロマチェンコ

ホルヘ・リナレス(ベネズエラ・帝拳)VSワシル・ロマチェンコ(ウクライナ) WBA世界ライト級タイトルマッチ(2018年5月13日) (出典:WOWOW) この試合は5月13日、WOWOWエキサイトマッチで生中継されます。 試合が行われるニューヨークとの時差…

セルゲイ・コバレフ 世界4位に格の違いを見せ付け復活の兆し VSイゴール・ミカールキン

セルゲイ・コバレフ(ロシア)VSイゴール・ミカールキン(ロシア) WBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ(2018年3月3日) (出典:WOWOW) コバレフは、34戦31勝27KO2敗1分け、34歳。 アンドレ・ウォードに連敗しましたが、ウォードが引退し…

ひょっとしたらこのロシア人がライトヘビー級最強かもしません ドミトリー・ビボル  VSサリバン・バレラ

ドミトリー・ビボル(ロシア)VSサリバン・バレラ(キューバ) WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ(2018年3月3日) (出典:WOWOW) 全くこの試合とは関係ありませんが、尾川堅一の薬物疑惑の裁定が決まりましたね。 まさか、無効試合になるとは思い…

優勝候補筆頭のオレクサンダー・ウシクがきわどい判定でWBSS決勝進出 VSマイリス・ブリーディス

オレクサンダー・ウシク(ウクライナ)VSマイリス・ブリーディス(ラトビア) WBO・WBC世界クルーザー級王座統一戦(2018年1月27日) (出典:WOWOW) この試合はWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)の準決勝戦でもあります。 ウシクは…

クルーザー級にすごい奴が現れたぞ! 「わしボク」一押しのムラト・ガシエフ  VSユニエル・トルティコス WBA・IBF王座統一戦  

ムラト・ガシエフ(ロシア)VSユニエル・トルティコス(キューバ) WBA・IBFクルーザー級王座統一戦(2018年2月3日) (出典:WOWOW) WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)の準決勝として行われます。 ヘビー級とライトヘビー級に挟まれ…

速報)村田諒太VSエマヌエーレ・ブランダムラ WBA世界ミドル級タイトルマッチ 8RTKO勝ちで初防衛に成功!

村田諒太(帝拳)VSエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア) WBA世界ミドル級タイトルマッチ(2018年4月15日) (出典:フジテレビ) 村田は14戦13勝10KO1敗、32歳。アッサン・エンダムから奪ったミドル級のタイトルの初防衛戦です。 ブラン…

速報)比嘉大吾VSクリストファー・ロサレス  WBC世界フライ級タイトルマッチ 比嘉9RTKO負け!

比嘉大吾(白井・具志堅)VSクリストファー・ロサレス(ニカラグア) WBC世界フライ級タイトルマッチ(2018年4月15日) (出典:フジテレビ) 前日計量で900gオーバーの大失態をやらかした比嘉ですが、どうやらとらえず当日計量(55、3キロ)…

比嘉大吾 ついにやってしまった~ 前日計量で900gオーバー、タイトルはく奪 日本初でもこれはダメでしょう

比嘉大吾(白井具志堅)VSクリストファー・ロサレス(ニカラグア) WBC世界フライ級タイトルマッチ(2018年4月15日) 一番懸念していたことが起こりましたね。 まさかまさかの前日計量で体重オーバー。(50,8キロを900gオーバー) 山中慎介さ…

ミゲール・ベルチェルトが代役挑戦者をあっさり倒す VSマクスウェル・アウク

ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)VSマクスウェル・アウク(ガーナ) WBC世界S・フェザー級タイトルマッチ(2018年2月10日) (出典:WOWOW) ベルチェルトは三浦隆司さんに大差判定勝ちして、初防衛戦に成功しています。 33戦32勝28KO1敗、…

メキシコ期待ホープ ハイメ・ムンギア でも「わしボク」は将来性には疑問符をつけます VSホセ・カルロス・パス

ハイメ・ムンギア(メキシコ)VSホセ・カルロス・パス(アルゼンチン) WBC中南米S・ウェルター級王座決定戦(2018年2月10日) (出典:WOWOW) ムンギアは26戦全勝22KO、21歳。WBC9位。 昨年度のリング誌のプロスペクト・オブ・ザ・イヤー(新…

カラム・スミスは大きく評価を下げる。代役(WBC35位)に後半失速し辛うじて逃げ切る    VSニーキー・ホルツケン

カラム・スミス(イギリス)VSニーキー・ホルツケン(オランダ) S・ミドル級12回戦(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)(2018年2月24日) (出典:WOWOW) この試合はWBSSの準決勝として行われます。 本来ならユルゲン・ブレ―マー(ドイ…

ケル・ブルックが世界5位を豪快に倒して再起 VSセルゲイ・ラブチェンコ

ケル・ブルック(イギリス)VSセルゲイ・ラブチェンコ(ベラルーシ) WBCシルバーS・ウェルター級王座決定戦(2018年3月3日) (出典:WOWOW) ブルックは、ゲンナディ・ゴロフキン、エロール・スペンスに連敗し、これが正念場の再起戦となります。 3…

源大輝が日本フェザー級王座獲得 VS大橋健典は初防衛失敗

大橋健典(角海老宝石)VS源大輝(ワタナベ) 日本フェザー級タイトルマッチ(2018年4月7日) (出典:日テレG+) 大橋は21戦15勝10KO4敗2分け、28歳。昨年12月に、坂晃典を5RKOして獲得したタイトルの初防衛戦です。 源は19戦14勝1…

日本のライト級にも期待のホープがいるぞ パーフェクトレコードホルダーの斎藤一貴  VSマルボン・ボディオンガン

齊藤一貴(角海老宝石)VSマルボン・ボディオンガン(フィリピン) ライト級8回戦(2018年4月7日) (出典:日テレG+) 齊藤は4戦全勝4KOのパーフェクトレコード。日本ライト級の7位で、25歳です。 アマチュアで3冠を獲得し、83勝14敗のレコ…

16連続KOの新記録樹立なるか 比嘉大吾VSクリストファー・ロサレス WBC世界フライ級タイトルマッチ(4月15日)

比嘉大吾(白井・具志堅)VSクリストファー・ロサレス(ニカラグア) WBC世界フライ級タイトルマッチ(2018年4月15日) (出典:フジテレビ) 比嘉はわずか70日にインターバルで防衛戦に挑みます。 15戦全勝15KO、22歳。言わずと知れたパーフ…

ダイジェスト版で充分 ライアン・バーネットの退屈な12ラウンド VSヨンフレス・パレホ

ライアン・バーネット(イギリス)VSヨンフレス・パレホ(ベネズエラ) WBA世界バンタム級タイトルマッチ(2018年4月1日) (出典:WOWOW) ジョシュアVSパーカーのアンダーカードで行われましたが、WOWOWで放送されたのは、中抜きの5ラウンド(1,2…

速報)アンソニー・ジョシュアVSジョセフ・パーカー WBA・IBF・WBO統一ヘビー級タイトルマッチ ジョシュアが判定で勝利し、連続KO途切れる

アンソニー・ジョシュア(イギリス)VSジョセフ・パーカー(ニュージーランド) WBA・IBF・WBO統一ヘビー級タイトルマッチ(2018年4月1日) (出典:WOWOW) いや~こんなに朝早いボクシング中継は記憶にありません。 5時半ですよ。イギリスは一体、何…