読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

※このたび、ブログURLをhttp://www.boxing-blog.comに変更いたしました。お気に入りにご登録頂いている方はご変更のほどお願いいたします。

メイウェザーが怒るのも無理はない。これで引き分けはないでしょう! バドゥ・ジャックVSジェームス・デゲイル

バドゥ・ジャック(スウェーデン)VSジェームス・デケイル(イギリス) WBC・IBF世界Sミドル級王座統一戦(2017年1月14日) WBC王者のバドゥ・ジャックはこれが3度目の防衛戦となりますが、ジョージ・グローブスは2-1の辛勝、ルシアン…

ワシル・ロマチェンコに強敵現る! IBF新王者ジャーボンテイ・デービス VSホセ・ペドロサ

ホセ・ペドロサ(プエルトリコ)VSジャーボンテイ・デービス(アメリカ) IBF世界Sフェザー級タイトルマッチ(2017年1月14日) (出典:WOWOW) ペドロサは22戦全勝12KO、27歳、スイッチヒッター。これが3度目の防衛戦です。 1…

今、最も熱い階級はSフェザー級かも 超新星ゲルボンタ・デービス&最強ワシル・ロマチェンコ&ミゲール・ベルチェルト&三浦隆司&ジェスリル・コラレス&ジェイソン・ソーサそして内山高志

まずは超新星、ゲルボンタ・デービス(アメリカ)(IBF) 1月14日にIBF全勝の王者、ホセ・ペドロサ(プエルトリコ)をTKOで倒し、センセーショナルに王座を獲得したのがデービスです。 ペドロサは22戦全勝12KOでしたが、デービスも17戦…

スーパースター候補、ジャーマル・チャーロが無敗の世界1位を5回KO VSジュリアン・ウィリアムス

ジャーマル・チャーロ(アメリカ)VSジュリアン・ウィリアムス(アメリカ) IBF世界Sウェルター級タイトルマッチ(2017年12月10日) (出典:WOWOW) ジャーマル・チャーロは双子の兄弟の兄。24戦全勝18KO、26歳。 ウィリアムス…

まだ引退してなかった?アブネル・マレスが判定でタイトル獲得 VSヘスス・クェジャル

ヘスス・クェジャル(アルゼンチン)VSアブネル・マレス(メキシコ) WBA世界フェザー級タイトルマッチ(2017年12月10日) (出典:WOWOW) クェジャルは29戦28勝21KO1敗、30歳。これが2度目の防衛戦です。実は暫定王者の時を含めると6度…

クルーザー級のロマチェンコ オレクサンダー・ウシクはKO勝ちしても地味やね~ VSタビソ・エムチュヌ

オレクサンダー・ウシク(ウクライナ)VSタビソ・エムチュヌ(南アフリカ) WBO世界クルーザー級タイトルマッチ(2016年12月17日) (出典:WOWOW) ウシクは10戦全勝9KO。3か月前にクシシュトフ・グロワツキ(ポーランド)に勝ってタイトルを獲…

テレンス・クロフォードのワンマンショー! VS 4ポンドオーバーで失格のジョン・モリナ

テレンス・クロフォード(アメリカ)VSジョン・モリナ(アメリカ) WBC・WBO世界Sライト級タイトルマッチ(2016年12月10日) (出典:WOWOW) クロフォードは、リング誌のPFP(パウンド・フォー・パウンド)でも5位にランクしているスーパースター候…

リング外に転落!バーナード・ホプキンスらしいラストファイト VSジョー・スミス &メキシコのホープ、ホセリオ・ベラスケスのデビュー戦

バーナード・ホプキンス(アメリカ)VSジョー・スミス(アメリカ) WBCインタナショナルLヘビー級タイトルマッチ(2016年12月17日) (出典:WOWOW) ホプキンスはこの試合を最後に引退を表明しています。 66戦56勝32KO7敗2敗2NC、なんと5…

田中繊大トレーナー!タオル投入が早すぎませんか? 石本康隆TKO負けでタイトル失う VS久我勇作

石本康隆(帝拳)VS久我勇作(ワタナベ) 日本Sバンタム級タイトルマッチ(2017年2月4日) (出典:日テレG+) 石本は37戦29勝8KO8敗、35歳。これが3度目の防衛戦になります。 久我は16戦13勝9KO2敗1分け、26歳。石本とは1年前に王…

末吉大が無敗のフィリピン王者を一発で沈める VSアラン・バレスピン

末吉大VSアラン・バレスピン(フィリピン) Sフェザー級10回戦(2017年2月4日) (出典:日テレG+) 末吉は14戦13勝8KO1敗、26歳。これが初の10回戦です。 日本Sフェザー級5位ですが、今日の相手はおそらく今までで一番の強敵でしょうね…

比嘉大吾が世界前哨戦をTKOで飾るも、具志堅会長は超不機嫌? VSディオネル・ディオコス

比嘉大吾VSディオネル・ディオコス(フィリピン) Sフライ級10回戦(2017年2月4日) (出典:日テレG+) 比嘉大吾は11戦11勝11KO、21歳。OPBF東洋太平洋フライ級チャンピオンで、WBC3位にランクしています。 この試合が世界前哨戦となりま…

現役最強ボクサーは誰だ!「Number」に対抗して「わしボク」のPFP

スポーツ雑誌の「Number」はご覧になりましたか。 久しぶりにボクシングの特集号がでましたね。実に22年ぶりらしいですよ。 しかもサブタイトルが「最強は誰だ。」 これは、「わしボク」としても黙っていられませんね。 さすがに現役を退いた、歴代のボク…

フランシスコ・バルガスがTKO負け VSミゲール・ベルチェルト  三浦の相手はベルチェルトに!

フランシスコ・バルガス(メキシコ)VSミゲール・ベルチェルト(メキシコ) WBC世界Sフェザー級タイトルマッチ(2017年1月29日)日本時間 (出典:WOWOW) バルガスは25戦23勝17KO2分け、32歳。 一昨年、三浦と大激戦を演じて、TKO勝ちでタイ…

三浦隆司のアンダーカードで登場したサダム・アリが再起第2戦をKOで飾る VSホルヘ・シルバ

サダム・アリ(アメリカ)VSホルヘ・シルバ(メキシコ) ウェルター級10回戦(2017年1月29日)日本時間 (出典:WOWOW) サダム・アリ(アメリカ)は24戦23勝13KO1敗、28歳。 IBFウェルター級9位、右構えのオーソドックススタイルです。 …

速報)三浦隆司VSミゲル・ローマン WBCタイトル挑戦者決定戦 三浦が最終回KO勝ち

三浦隆司VSミゲール・ローマン(メキシコ) WBC世界Sフェザー級タイトル挑戦者決定戦(2017年1月29日)IN USA (出典:WOWOW) 三浦は35戦30勝23KO3敗2分け、32歳のサウスポー。 ミゲル・ローマンは67戦56勝43KO11敗、31歳。WBC2…

山中慎介の防衛戦が決まりましたね 3月2日 尾川堅一&岩佐井亮佑&ブライアン・ビロリアも登場

山中慎介VSカルロス・カールソン(メキシコ) WBC世界バンタム級タイトルマッチ(2017年3月2日) カールソンは23戦22勝13KO1敗、26歳。WBC9位にランクしています。 聞くところによると、1位から15位までのランカーすべてに声をかけ、受け…

「わしボク」注目のライト級世界戦 デジャン・ズラティカニンVSマイキー・ガルシア &ついでに カール・フランプトンVSレオ・サンタクルス

デジャン・ズラティカニン(モンテネグロ)VSマイキー・ガルシア(アメリカ) WBC世界ライト級タイトルマッチ(2071年1月28日) 実はこの日のメインは、カール・フランプトンVSレオ・サンタクルスの再戦です。 boxing.hatenablog.jp ズラティカニンの…

「わしボク」注目の海外ファイト3試合 三浦隆司VSミゲール・ローマン&フランシスコ・バルガスVSミゲール・ベリチェリ

1月28日(日本時間29日)に注目の3試合が行われます。 ここではそのうちの2試合をご紹介します。デジャン・ズラティカニンVSマイキー・ガルシア戦は次のブログで。 まずは何をさておいてもこの試合です。 三浦隆司VSミゲール・ローマン(メキシコ) W…

アンソニー・ジョシュアが軽くウオーミングアップ 次はウラジミール・クリチコだ! VSエリック・モリナ

アンソニー・ジョシュア(イギリス)VSエリック・モリナ(アメリカ) IBF世界ヘビー級タイトルマッチ(2016年12月10日) (出典:WOWOW) ジョシュアはこれからスパーリングでもやるのかな、と思うほどリラックスしていて、とても、世界タイトルマッ…

ルイス・コンセプションが体重オバーでタイトルはく奪、王座決定戦で大差判定負け VSカリッド・ヤファイ

ルイス・コンセプション(パナマ)VSカリッド・ヤファイ(イギリス) WBA世界Sフライ級王座決定戦(2016年12月10日) (出典:WOWOW) コンセプションは、河野公平から奪ったWBAタイトルを、まさかの体重オーバー(1キロ)で失いました。しかし、こ…

藤本京太郎がアジア人初でOPBFヘビー級王座獲得 VSウィリー・ナッシオ &福本翔馬

藤本京太郎VSウィリー・ナッシオ(オーストラリア) OPBF東洋太平洋ヘビー級王座決定戦(2017年1月14日) (出典:日テレG+) 藤本はこれが2度目のチャレンジです。前回はあえなくTKO負けでタイトル奪取に失敗しています。 16戦15勝8KO1敗、3…

村田諒太の標的 ビリー・ジョー・サンダースが1年ぶりの防衛戦で世界10位にてこずる VSアルツール・アカボフ

ビリー・ジョー・サンダース(イギリス)VSアルツール・アカボフ(ロシア) WBO世界ミドル級タイトルマッチ(2016年12月3日) (出典:WOWOW) サンダースはある意味で人気者です。ゲンナディ・ゴロフキンが強すぎるため、挑戦のオファーがサンダース…

これは完全にミスマッチメイク テリー・フラナガンVSオルランド・クルス

テリー・フラナガン(イギリス)VSオルランド・クルス(プエルトリコ) WBO世界ライト級タイトルマッチ(2016年11月26日) (出典:WOWOW) これを世界タイトルマッチというには、あまりにも力の差がありすぎました。 前回のムゾンケ・ファナもひどか…

小原佳太をリング外にたたき出したエドゥアルド・トロヤノフスキーが秒殺される VSジュリウス・インドンゴ

エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)VS ジュリウス・インドンゴ(ナミビア) IBF世界Sライト級タイトルマッチ(2016年12月3日) (出典:WOWOW) トロヤノフスキーは昨年9月に、小原圭太をリング外にたたき出し、衝撃的な2RTKOで3度目の防…

年末テレビ放映されなかった世界戦を含む3試合 田中恒成&松本亮&大森将平

田中恒成 5RTKO モイセス・フェンテス(メキシコ) WBO世界ライトフライ級王座決定戦(2016年12月31日) 田中はWBO世界ミニマム王座を1度防衛し、階級を上げるために王座を返上しました。 この決定戦に勝てば、井上尚弥と並ぶ日本最速タイのプロ8…

KO必至の世界戦2試合が凡戦の末判定決着 田口良一&内山高志

田口良一 引き分け カルロス・カニサレス(ベネズエラ) WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(2016年12月31日) (出典:テレビ東京) 田口はこれが5度目の防衛戦です。 28戦25勝11KO2敗1分け、30歳。 カニサレスは16戦全勝13KO、2…

まさか小國以載が勝っちゃったの?ボディブローでダウンを奪い判定勝ち VSジョナタン・グスマン

小國以載 判定 ジョナタン・グスマン(ドミニカ共和国) IBF世界Sバンタム級タイトルマッチ(2016年12月31日) (出典:TBS) だれも小國が勝つとは予想しなかったでしょうね。 何ラウンドもつか、が焦点、そんな戦前の予想でした。 なにせ小國が唯一…

井岡一翔がダウンを挽回し、倍返しのTKOで王座統一戦を制する VSスタンプ・キャット二ワット

井岡一翔 7RTKO スタンプ・キャット二ワット(タイ) WBA世界フライ級王座統一戦(2016年12月31日) (出典:TBS) この日行われた世界戦で唯一「LIVE」放送だったのが、この試合です。(田中恒成の世界戦は大阪では放映されませんでしたので) い…

速報)井上尚弥VS河野公平 WBO世界Sフライ級タイトルマッチ 井上がTKOで防衛

井上尚弥VS河野公平 WBO世界Sフライ級タイトルマッチ(2016年12月30日) (出典:フジテレビ) 井上はもう4度目の防衛戦になるんですね。 11戦全勝9KO、23歳。 河野はルイス・コンセプシオンに判定でタイトルを失いましたが、ラッキーなチャン…

速報)八重樫東VSサマートレック・ゴーキャットジム IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ 12RTKO勝ち

八重樫東VSサマートレック・ゴーキャットジム(タイ) IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ(2016年12月30日) (出典:フジテレビ) 八重樫はこれが2度目の防衛戦ですが、初防衛戦は体調不良で大苦戦しました。 29戦24勝12KO5敗、33歳。…

速報)村田諒太VSブルーノ・サンドバル 世界前哨戦KO勝ち &清水聡もKO

村田諒太VSブルーノ・サンドバル(メキシコ) ミドル級10回戦 (出典:フジテレビ) 村田は11戦全勝8KO、30歳。これが世界前哨戦の予定です。 ターゲットはもちろんビリー・ジョー・サンダース(イギリス)です。 サンドバルは21戦19勝15KO1敗…

わしボクが選ぶWOWOWエキサイトマッチ2016 ベスト5(ワシル・ロマチェンコ&ピーター・クイリン&アンソニー・ジョシュア&ゲンナディ・ゴロフキン&アンドレ・ウォード)

例によって、独断と偏見で5試合を選びました。 エキサイトマッチのファン投票とはかなり違っていますが、いろんな意見があるんだということで、今回もどうか大目に見てください。お願いします。

ワシボクが選んだスーパースター候補はこいつだ! 全日本新人王決勝(富岡大樹&中谷潤人&福永亮次)

富田大樹(堺東ミツキ) 4RTKO 富岡達也(REBOOT) ミニマム級(2016年12月23日) (出典:日テレG+) 富田は7戦全勝1KO、19歳。 富岡は6戦5勝2KO1敗、19歳。 解説の飯田さんが「富田はKO率以上にパンチ力がありますよ」 というように、こ…

ワシボクが選んだスーパースター候補はこいつだ! 全日本新人王決勝(新島聖人&小田翔夢&吉開右京)

新島聖人(帝拳) 4RTKO 城後響(井岡) バンタム級 (出典:日テレG+) 新島は6戦5勝4KO1敗、20歳。 城後は4戦全勝3KO、23歳。 ともに右構えのオーソドックススタイルです。 テクニックは城後が上ですが、新島はパワーがありますね。

「逃げ恥」ボクサー 最大15ポイント差で判定負け ルイス・オルティスVSマリク・スコット

ルイス・オルティス(キューバ)VSマリク・オルティス(アメリカ) WBAインターコンチネンタルヘビー級王座決定戦(2016年11月12日) (出典:WOWOW) オルティスは、WBAが指名した挑戦者のアレクサンデル・ウスティノフ(ロシア)との対戦を拒否した…

根性の選手 ジェイソン・ソーサが消耗戦を制す VSスティーブン・スミス

ジェイソン・ソーサ(アメリカ)VSスティーブン・スミス(イギリス) WBA世界Sフェザー級タイトルマッチ(2016年11月12日) (出典:WOWOW 左ソーサ、右スミス) ソーサは24戦19勝15KO1敗4分け、28歳。 ハビエル・フォルトゥナからまさか…

さあ次はキース・サーマンだ! ダニー・ガルシアがノンタイトル戦でTKO勝ち VSサミュエル・バルガス

ダニー・ガルシア(アメリカ)VSサミュエル・バルガス(コロンビア) ウェルター級10回戦(2016年11月12日) (出典:WOWOW) アミール・カーンを左フック一発でマットに沈めて、スーパースター候補に名乗りを挙げたガルシアですが、その後はあまり…

ハビエル・フォルトゥナが初回のダウンを挽回し、無敗のホープに判定勝ち VSオマール・ダグラス

ハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)VSオマール・ダグラス(アメリカ) ライト級10回戦(2016年11月12日) (出典:WOWOW) ジェイソン・ソーサにまさかの逆転KO負けを喫し、タイトルを失ったフォルトゥナの再起戦です。 boxing.hatenablog.j…

スキルでも尾川堅一に軍配 VS内藤律樹 &ユーリ・阿久井政悟

尾川堅一 判定 内藤律樹 日本Sフェザー級タイトルマッチ(2016年12月3日) (出典:日テレG+) 尾川は20戦19勝16KO1敗、28歳。 内藤は16戦15勝5KO1敗、25歳。 尾川はすでにIBF7位、他団体でも世界ランクに名を連ねています。 本来…

ふざけるな!リー・ハスキンス こうなったら大森将平VSマーロン・タパレスはどう? &(速報)拳四朗TKO勝ち

逃げたな、リー・ハスキンス どこをけがしたのか知らないですが、MRIで異常が見つかったようですよ。 嘘くさいですね。大森将平が予想以上に強いとわかって、逃げたのかもしれません。 ホント、最後までふざけたやつです。 2週間も前に京都に来るとか、4つ…

ロマチェンコのアンダーカードに3人の全勝ホープ登場 ファン・ルイス&トレバー・マッカンビー&コンスタンチン・ポノマレフ

ファン・ルイス(ベネズエラ)VSフェルナンド・カルカモ(メキシコ) ウェルター級8回戦(2016年11月26日) (出典:WOWOW) ファン・ルイスは17戦全勝10KO1NC、30歳。ホープと紹介するには少し歳をとっていますね。しかしボクシングはホープ…

ニコラス・ウォータースはプロ失格です! ワシル・ロマチェンコにギブアップ

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)VSニコラス・ウォータース(ジャマイカ) WBO世界Sフェザー級タイトルマッチ(2016年11月26日) (出典:WOWOW) 結果は速報でお知らせしましたが、それにしても、あのノニト・ドネアをKOしたウォータースが、まる…

年末に村田諒太も参戦&八重樫東の相手が変更&三浦隆司の試合が決まる

村田諒太VSブルーノ・サンドバル(メキシコ) ミドル級10回戦(2016年12月30日) 井上拓真の穴を埋める形で村田が名乗り出ました。 村田は11戦全勝8KO、30歳。戦績だけは井上尚弥に酷似していますね。(11戦全勝9KO) 現在WBC5位、WBA9…

Sフライ級転向初戦は見事な安全運転 ファン・フランシスコ・エストラーダVSレイムンド・タブコン&メキシコのホープ エマニュエル・ナバレッテ

ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)VSレイムンド・タブコン(フィリピン) Sフライ級10回戦(2016年10月8日) (出典:WOWOW) エストラーダは35戦33勝24KO2敗、26歳。 オーソドックススタイルで、この試合がSフライ級転向初…

速報)八重樫東の対戦相手が決定&ワシル・ロマチェンコVSニコラス・ウォータース

八重樫東の対戦相手は 12月30日に防衛戦(IBF世界Lフライ級タイトル)を行う予定ですが、対戦相手はまだ決まっていませんでした。 八重樫のけがのため、暫定王者を決めることになり、八重樫はその勝者と対戦することになっていました。

松本亮が12月30日にリベンジマッチ VSビクトル・ウリエル・ロペス &岩佐亮佑の相手が失格した話

松本亮VSビクトル・ウリエル・ロペス(メキシコ) Sバンタム級(?)8回戦(2016年12月30日) (前回はストップ負けしましたが、今度は大丈夫でしょう) 井上拓真の空席を埋める形で、松本のリベンジマッチが決定しました。 5月に世界前哨戦と銘打…

2106東日本新人王決勝 わしボクがちょっと気になった選手(中谷潤人、福永亮次、石井龍輝、大野俊人)

中谷潤人(M.T)1RTKO 山田大輔(REBOOT) フライ級決勝(2016年11月13日) (出典:日テレG+) 中谷は7戦全勝6KO、18歳。中谷は中学時代に全国大会で2度優勝している、今大会注目の選手です。 山田は7戦5勝1KO2敗、31歳。29歳でプロに…

コバレフが倒せなかったアイザック・チレンバをTKO VSオレクサンダー・グボジーク

オレクサンダー・グボジーク(ウクライナ)VSアイザック・チレンバ(マラウイ) NABF北米Lヘビー級タイトルマッチ(2016年11月20日) (出典:WOWOW) コバレフVSウォードのアンダーカードに、コバレフに挑戦し判定負けしたチレンバが登場しました。 …

速報)アンドレ・ウォードがダウンを挽回し、僅差で判定勝ち!VSセルゲイ・コバレフ

セルゲイ・コバレフ(ロシア)VSアンドレ・ウォード(アメリカ) WBAスーパー・IBF・WBOライトヘビー級タイトルマッチ(2016年11月20日) (出典:WOWOW) チャンピオンのコバレフは31戦30勝26KO1分け、33歳。 ウォードは30戦30勝15KO…

新人王西軍代表決定戦 わしボクのちょっと気になる選手 その2(吉開右京など)

澤井剛志(グリーンツダ)VS今田雄大(蟹江) フェザー級4回戦(2106年11月6日) (出典:日テレG+) 澤井はアマチュアで33戦の経験がありまが、プロの戦績は3戦1勝1KO1敗1分けとパッとしません。 今田は8戦5勝3KO1敗2分けとキャリア豊…