わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

2017年新人王西軍代表決定戦 森武蔵(MVP)&安達陸虎(技能賞)&マーカス・スミス(敢闘賞)

今年の西軍代表決定戦は、派手なKO決着が多かった東日本に比べると、やや地味な結果になりました。(9試合中3KO) 3賞は、結局KOで勝ち上がった3人が獲得しました。

レオ・サンタ・クルスが得意の弱いものいじめにも関わらず倒し切れず VSクリス・アバロス

レオ・サンタ・クルス(メキシコ)VSクリス・アバロス(アメリカ) WBAスーパー世界フェザー級タイトルマッチ(2017年10月14日) (出典:WOWOW) サンタ・クルスは35戦34勝18KO1敗、29歳。 アバロスは32戦27勝22KO5敗、27歳。 サ…

見事なまでにパンチ力がないですね~ アブネル・マレスVSアンドレス・グティエレス

アブネル・マレス(メキシコ)VSアンドレス・グティエレス(メキシコ) WBA世界フェザー級タイトルマッチ(2017年10月14日) (出典:WOWOW) マレスは33戦30勝15KO2敗1分け、31歳。 私は、マレスのベストファイトは、2013年のジョニー…

ちょっと気が早いですか?大みそかの話 井上尚弥&拳四朗&田口良一&京口紘人

井上尚弥(大橋)VSヨアン・ボアイヨ(フランス) WBO世界S・フライ級タイトルマッチ(2017年12月30日) 相手探しに苦労している井上に、やっと相手が見つかりました。 ランキング7位のボアイヨは、無効試合を挟んで31連勝中の29歳、フランス人…

エリスランディ・ララが堅実なボクシングで長期政権を守る VSテレル・ゲシェイ

エリスランディ・ララ(アメリカ)VSテレル・ゲシェイ(アメリカ) WBA世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2017年10月14日) (出典:WOWOW) ララは28戦24勝14KO2敗2分け、34歳のサウスポー。これが7度目の防衛戦になります。 ゲシェイ…

メダリスト2人が揃ってKO勝ち  ロブソン・コンセイサオ(リオ金メダル)&マイケル・コンラン(ロンドン銅メダル)

ロブソン・コンセイサオ(ブラジル)VSカルロス・オソリオ(ニカラグア) S・フェザー級8回戦(2017年10月14日) (出典:WOWOW) コンセイサオは4戦全勝3KO、リオオリンピックのライト級金メダリストです。 長身でしなるようなパンチで相手を倒し…

2017年東日本新人王決勝 飯見嵐(MVP)&薮崎賢人(技能賞)&ジロリアン陸(敢闘賞)

東日本新人王決勝 2017年11月3日 12階級中、7試合がKO決着となり、なかなか白熱した大会でした。 各階級の結果は以下の通りです。

遅くなりました(詳報)拳四朗VSペドロ・ゲバラ WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ

拳四朗(BMB)VSペドロ・ゲバラ(メキシコ) WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年10月22日) (出典:BSフジ) 拳四朗は10戦全勝5KO、25歳。これが初防衛戦です。 ゲバラは33戦30勝17KO2敗1分け、28歳。これが3度目の来日…

井岡一翔が引退?一方で、山中慎介が再起してネリと再戦 対照的な二人のびっくりニュースを検証

井岡一翔がタイトルを返上 WBA世界フライ級チャンピオン、井岡一翔。少し前から嫌なうわさが流れていましたね。 防衛戦が決まらない、練習に顔を出さない、そしてこのまま引退する、なんていう憶測も浮上しましたが、まさか本当にタイトルを返上するとはびっ…

衝撃の1R一発KO!倒し屋に進化?チャーロ弟 ジャーメル・チャーロVSエリクソン・ルビン

ジャーメル・チャーロ(アメリカ)VSエリクソン・ルビン(アメリカ) WBC世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2017年10月14日) (出典:WOWOW) チャーロ弟は29戦全勝14KO、27歳。戦績からもわかりますが、元々はテクニック重視の堅実なボクシ…

ジャレット・ハードが一級品のテクニックをパワーでねじ伏せる VSオースティン・トラウト

ジャレット・ハード(アメリカ)VSオースティン・トラウト(アメリカ) IBF世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2017年10月14日) (出典:WOWOW) ハードは20戦全勝14KO、27歳。トニー・ハリソンから逆転TKOで獲得したタイトルの初防衛戦です。…

この名前は覚えにくい!でも強いぞ エジディウス・カバロウスカス VSマオンリー・モンテス

エジディウス・カバロウスカス(リトアニア)VSマオンリー・モンテス(メキシコ) NABF北米ウェルター級王座決定戦10回戦(2017年10月14日) (出典:WOWOW) リトアニアのボクサーは初めてお目にかかります。ロシアとポーランドに挟まれ、バルト海…

KO防衛しましたが世界は遠いですね 藤本京太郎VSランドール・レイメント

藤本京太郎(角海老宝石)VSランドール・レイメント(オーストラリア) OPBF・WBOアジアパシフィックヘビー級タイトルマッチ12回戦(2017年11月4日) (出典:日テレG+) 藤本は18戦17勝9KO1敗、31歳。WBO7位、WBC17位にランクしていま…

竹迫司登がアマチュアのホープ福本を一発で沈める ミドル級に新星現る! 福本翔馬VS竹迫司登

福本翔馬(角海老宝石)VS竹迫司昇(ワールドスポーツ) 日本ミドル級王座最強挑戦者決定戦(8回戦)(2017年11月4日) (出典:日テレG+) 福本はアマチュアで57戦48勝37KO9敗。アマチュア5冠のいわゆる「アマチュアエリート」です。 プロ…

ジョセフ・パーカーの剛腕も「暖簾に腕押し」 VSヒューイ・フューリー WBO世界ヘビー級タイトルマッチ

ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)VSヒューイ・フューリー(イギリス) WBO世界ヘビー級タイトルマッチ(2017年9月23日) (出典:WOWOW) パーカーは23戦全勝18KO、25歳。高いKO率を誇っていたパーカーですが、世界戦2試合はいずれも判…

生き残りをかけた英国タイトルマッチはまさかの劇的KO決着 ジョシュ・ウェイルVSドン・ブロードハースト

ジョシュ・ウェイル(イギリス)VSドン・ブロードハースト(イギリス) 英国バンタム級タイトルマッチ(2017年9月23日) (出典:WOWOW) ウェイルはこれが初防衛戦です。 35戦24勝11KO9敗2分け、29歳。まさにたたき上げのチャンピオンとい…

村田諒太を取り巻くミドル級の「つわども」たちを、あえてランキング ゲンナディ・ゴロフキン&サウル・アルバレス&…

まずは各団体のミドル級の世界王者たち (ゴロフキンVSカネロ/WOWOW) この度、村田諒太がミドル級の王座を獲得したのはWBAのタイトルですが、WBAという団体は少々ややこしくて、ほとんどの階級に、チャンピオンの上にスーパーチャンピオンという、…

現役日本人最強は誰だ!(第4回/2017年10月)今回も様々な角度から検討しました

今回もダントツ最強は井上尚弥 アメリカのデビュー戦は、十分合格点を得られる結果だった思います。 さすがの井上にも、かなり力みが感じられましたが、相手があれだけ逃げ腰では、仕方のない決着でしょう。 フェザー級のオスカル・バルデスからダウンを奪っ…

井上尚弥のスパーリングパートナー ジュネシス・セルバニアが王者からダウンを奪う大健闘 VSオスカル・バルデス

オスカル・バルデス(メキシコ)VSジュネシス・セルバニア(フィリピン・カシミ) WBO世界フェザー級タイトルマッチ(2017年9月22日) (出典:WOWOW) バルデスは22戦全勝19KO、26歳。これがまだ3度目の防衛戦ですが、非常に人気のある選手で…

全勝対決はダウンを奪ったヒルベルト・ラミレスが逃げ切る VSジェシー・ハート

ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)VSジェシー・ハート(アメリカ) WBO世界S・ミドル級タイトルマッチ(2017年9月22日) (出典:WOWOW) ラミレスは35戦全勝24KO、26歳のサウスポーです。 これが2度目の防衛戦ですが、楽勝が続いたラミレスと…

速報)拳四朗VSペドロ・ゲバラ WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ(10月22日)2-0の判定で防衛成功

拳四朗(BMB)VSペドロ・ゲバラ(メキシコ) WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ(10月22日) 多分、この試合は速報でお伝え出来ないと思います。 比嘉大吾のところでも書きましたが、まず7時から生中継で比嘉の試合が放送されるでしょう。 そして8…

速報)比嘉大吾VSトマ・マソン WBC世界フライ級タイトルマッチ(10月22日) 比嘉が7RTKOで初防衛に成功。何と14連続KOです。

比嘉大吾(白井・具志堅)VSトマ・マソン(フランス) WBC世界フライ級タイトルマッチ(10月22日) (出典:フジテレビ) 台風が来てるし、選挙はあるし、のんびりボクシングを見ている場合では、ないかもしれませんが、この際、割り切ってボクシングに…

速報)村田諒太VSアッサン・エンダム WBA世界ミドル級タイトルマッチ(10月22日)7R終了TKOでタイトル獲得!

アッサン・エンダム(フランス)VS村田諒太(帝拳) WBA世界ミドル級タイトルマッチ(10月22日) (出典:フジテレビ) チャンピオンのエンダムは、38戦36勝21KO2敗、33歳。 2敗は、ピーター・クイリンとデビッド・レミューに判定負けしたもの…

決め手に欠くビリー・ジョー・サンダース。村田諒太なら楽勝? VSウィリー・モンロー・ジュニア

ビリー・ジョー・サンダース(イギリス)VSウィリー・モンロー・ジュニア(アメリカ) WBO世界ミドル級タイトルマッチ(2017年9月16日) (出典:WOWOW) いよいよ村田諒太VSアッサン・エンダムの試合が近づいてきましたね。 気がかりなのは、10月2…

イギリスのホープ2人は全くイギリス人らしくないハードヒッター ダニエル・デュボア(DDD?)&アンソニー・ヤード

ダニエル・デュボア(イギリス)VSA・J・カーター(イギリス) ヘビー級10回戦(2017年9月16日) (出典:WOWOW) デュボアは、アマチュアで75戦のキャリアがあり、4戦全勝4KO、20歳のホープです。あだ名はDDD?(ダイナマイト・ダニエル・デ…

現役世界最強ボクサーは誰だ!(第5回)久しぶりに「わしボク」が選ぶPFP(パウンド・フォー・パウンド)を発表します。2017年10月

いつものようにまずリング誌のPFP PFP(すべてのボクサーの体重が同じだと仮定したら、果たして誰が一番強いか、てな感じの意味です) 過去のパウンドフォーパウンドについては、下記を御覧ください。 ・わしボク プレゼンツ 最強のボクサー論 では、主に3…

WBC世界S・ミドル級に最年少の20歳の世界王者が誕生 デビッド・べナビデスVSロナルド・ガブリル

デビッド・べナビデス(アメリカ)VSロナルド・ガブリル(ルーマニア) WBC世界S・ミドル級王座決定戦(2017年9月8日) (出典:WOWOW) バドゥ・ジャックが返上したWBCタイトルの王座決定戦ですが、紆余曲折があって4位のべナビデスと6位のガブリル…

S・ミドル級のホープは残念な超堅実ボクサー ケイレブ・プラントVSアンドリュー・ヘルナンデス

ケイレブ・プラント(アメリカ)VSアンドリュー・ヘルナンデス(アメリカ) S・ミドル級10回戦(2017年9月8日) (出典:WOWOW) プラントは15戦全勝10KO、25歳。S・ミドル級のホープです。 WBA7位、IBF10位にランクしています。 ヘルナンデ…

未来の世界チャンプ候補?日本「わしボクも」期待のホープ 正木脩也&千葉開

未来の世界チャンプかも? 日本S・フェザー級王座決定戦(末吉大VS高畑里望)のアンダーカードに登場した期待のホープ2人をご紹介します。 末吉大は不完全燃焼に終わりましたが、アンダーカードはなかなかいい試合が組まれていました。 その中でも、「わし…

最後まで距離の長さに苦労し、不完全燃焼の判定で末吉大が日本タイトル奪取 VS高畑里望

末吉大(帝拳)VS高畑里望(ドリーム) 日本S・フェザー級王座決定戦(2017年10月7日) (出典:日テレG+) 尾川堅一が世界タイトルを狙うため返上し、空位になった、日本S・フェザー級の王座決定戦です。 1位の末吉は、16戦15勝10KO1敗、2…