わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

小原佳太をリング外にたたき出したエドゥアルド・トロヤノフスキーが秒殺される VSジュリウス・インドンゴ

エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)VS ジュリウス・インドンゴ(ナミビア)

IBF世界Sライト級タイトルマッチ(2016年12月3日)

f:id:stonemeintothegroove:20170110100207j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170110100214j:plain

(出典:WOWOW)

トロヤノフスキーは昨年9月に、小原圭太をリング外にたたき出し、衝撃的な2RTKOで3度目の防衛を果たしています。

 

boxing.hatenablog.jp

 

25戦全勝22KO、36歳。

浜田さん曰く「今が一番強いときです」。

 

インドンゴは20戦全勝10KO、33歳のサウスポーです。

解説の浜田さんは「インドンゴ、やりにくい選手ですよ」と評しています。

 

とはいえ、インドンゴは名のある選手との対戦もなく、KO率もさほど高くありません。175cmのトロヤノフスキーに対して、179㎝の長身でサウスポーということぐらいで、まともなら、トロヤノフスキーがあっさり勝つと、誰もが予想していたと思います。

続きを読む

年末テレビ放映されなかった世界戦を含む3試合 田中恒成&松本亮&大森将平

田中恒成 5RTKO モイセス・フェンテス(メキシコ)

WBO世界ライトフライ級王座決定戦(2016年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20170106164444j:plain

 

田中はWBO世界ミニマム王座を1度防衛し、階級を上げるために王座を返上しました。

この決定戦に勝てば、井上尚弥と並ぶ日本最速タイのプロ8戦目で2階級制覇となります。

7戦全勝4KO、21歳。WBO2位です。

フェンテスは27戦24勝13KO2敗1分け、31歳。WBO1位にランクしてます。

 

続きを読む

KO必至の世界戦2試合が凡戦の末判定決着 田口良一&内山高志

田口良一 引き分け カルロス・カニサレス(ベネズエラ)

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(2016年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20170102121105j:plain

(出典:テレビ東京)

田口はこれが5度目の防衛戦です。

28戦25勝11KO2敗1分け、30歳。

カニサレスは16戦全勝13KO、23歳。WBA3位の強打者です。

 

続きを読む

まさか小國以載が勝っちゃったの?ボディブローでダウンを奪い判定勝ち VSジョナタン・グスマン

小國以載 判定 ジョナタン・グスマン(ドミニカ共和国)

IBF世界Sバンタム級タイトルマッチ(2016年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20170101142049j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170101142100j:plain

(出典:TBS)

だれも小國が勝つとは予想しなかったでしょうね。

何ラウンドもつか、が焦点、そんな戦前の予想でした。

なにせ小國が唯一TKO負けしている、和氣慎吾をKOしてる相手ですから、仕方がありません。

グスマンは22戦22勝22KOのパーフェクトレコードで、それが本物だと前回の和氣戦で証明されています。

小國は20戦18勝7KO1敗1分け。

スピードもテクニックもパンチ力もすべてグスマンが上でしょう。

続きを読む

井岡一翔がダウンを挽回し、倍返しのTKOで王座統一戦を制する VSスタンプ・キャット二ワット

井岡一翔 7RTKO スタンプ・キャット二ワット(タイ)

WBA世界フライ級王座統一戦(2016年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20170101123956j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170101124003j:plain

(出典:TBS)

この日行われた世界戦で唯一「LIVE」放送だったのが、この試合です。(田中恒成の世界戦は大阪では放映されませんでしたので)

いつもは事前にネットで結果をチェックしたりしないのですが、同じ時間帯に2試合ずつ放送されるだったら、結果みてから日本人が勝つ方を見ようと思った次第です。

こんなボクシングファンを無視したような放送に対処するのは、これしかないですようね。

小國以載が番狂わせでジョナタン・グスマンに判定勝ちしたのに対し、内山高志がジェスリル・コラレスに判定負けしたのを確認して、とりあえずまだ、結果のわからない井岡の試合を見ようと決断しました。ちなみに田口も超だるい試合で引き分け防衛でした。

テレビ東京さん、来年からは田口しかいませんので(いるかどうかわかりませんが)おそらく放送はないでしょうね。

 

それにしても、まさかこんな時間にLIVEだとは思いませんでしたね。

 

井岡は21戦20勝12KO1敗、27歳。もうデビューして7年になるんですね。

スタンプは15戦全勝6KO、18歳。

 

続きを読む

速報)井上尚弥VS河野公平 WBO世界Sフライ級タイトルマッチ 井上がTKOで防衛

井上尚弥VS河野公平

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ(2016年12月30日)

f:id:stonemeintothegroove:20161231110148j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161231110252j:plain

(出典:フジテレビ)

井上はもう4度目の防衛戦になるんですね。

11戦全勝9KO、23歳。

河野はルイス・コンセプシオンに判定でタイトルを失いましたが、ラッキーなチャンスをつかみました。しかし、相手が井上では果たしてラッキーと言えるかどうか。

こちらはたたき上げ、42戦32勝13KO9敗1分け、36歳。

身長は井上が163㎝、河野が167㎝ですがリーチは同じ171cmです。

お互い右が前のオーソドックススタイル、噛み合うでしょうね。

 

続きを読む

速報)八重樫東VSサマートレック・ゴーキャットジム IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ 12RTKO勝ち

八重樫東VSサマートレック・ゴーキャットジム(タイ)

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ(2016年12月30日)

f:id:stonemeintothegroove:20161231111403j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161231111409j:plain

(出典:フジテレビ)

八重樫はこれが2度目の防衛戦ですが、初防衛戦は体調不良で大苦戦しました。

29戦24勝12KO5敗、33歳。

サマートレックは、2014年に井上尚弥に11RTKO負けしています。

井上相手に11Rまで粘ったと評価されています。さすが井上ですね。

36戦31勝12KO5敗、32歳。現在14連勝中です。

八重樫はメンツにかけても負けら入れない一戦ですね。できれば10回までにKOしたところです。

しかし、私の予想は悲観的です。たぶん八重樫が負けるでしょうね。

続きを読む

速報)村田諒太VSブルーノ・サンドバル 世界前哨戦KO勝ち &清水聡もKO

村田諒太VSブルーノ・サンドバル(メキシコ)

ミドル級10回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161231112012j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161231112029j:plain

(出典:フジテレビ)

村田は11戦全勝8KO、30歳。これが世界前哨戦の予定です。

ターゲットはもちろんビリー・ジョー・サンダース(イギリス)です。

 

サンドバルは21戦19勝15KO1敗1分け、25歳。世界ランクには顔を出していませんが、なかなか立派な戦績を残しています。

しかし、ここはあっさり倒さないと話にならないでしょうね。

それにしても村田の試合までLIVEとは、フジテレビはやりますね。

続きを読む

わしボクが選ぶWOWOWエキサイトマッチ2016 ベスト5(ワシル・ロマチェンコ&ピーター・クイリン&アンソニー・ジョシュア&ゲンナディ・ゴロフキン&アンドレ・ウォード)

例によって、独断と偏見で5試合を選びました。

エキサイトマッチのファン投票とはかなり違っていますが、いろんな意見があるんだということで、今回もどうか大目に見てください。お願いします。

続きを読む

ワシボクが選んだスーパースター候補はこいつだ! 全日本新人王決勝(富岡大樹&中谷潤人&福永亮次)

富田大樹(堺東ミツキ) 4RTKO 富岡達也(REBOOT)

ミニマム級(2016年12月23日)

f:id:stonemeintothegroove:20161225125044j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225125052j:plain

(出典:日テレG+)

富田は7戦全勝1KO、19歳。

富岡は6戦5勝2KO1敗、19歳。

 

解説の飯田さんが「富田はKO率以上にパンチ力がありますよ」

というように、この日は右ストレートが切れていました。

全体的なスピードでは富岡の方が上でしょう。

続きを読む